ふっと、手元をみると爪が伸びていていました。
ました。

コロナ禍前は、施設(特別養護老人ホーム)に
母の面会に行き、週に一度、母の爪を切って
いました。

アタクシ自身の爪も、当時は母の爪切りと共に
でした。

今朝も、爪を切りながら、母の爪切りを思い
出しておりました。

認知症を発症してから、ずっと、母の爪切りは
アタクシがしていました。

初期の頃の、悪魔的な母の爪切りは大変でした。

深爪しそうになると、痛い!と言って、目を
吊り上げて、怒る・・・

痛いじゃあないの!、そんなにアタシが憎いの?
早く死ねばいいと思っているんでしょ。

しかし、施設での爪切りは、穏やかで、あの
悪魔な母はどこに行ったのやら。


思い出、いやいや、母はまだ、施設で暮らして
いるのに、思い出にしてしまっているアタクシ。

母を見送った後の思い出もこんなもん?

009

親指の爪を切りつつ、毎回アタクシは情けなく
思っていることがあります。

アタクシの爪は、マムシ爪という横長の爪。
この爪、遺伝で1万人に一人だそうで。
芸能人では、元AKBの篠田麻里子さんとか、
松嶋菜々子さんがこの爪なんだそうです。

でもねえ、マニュキュアは似合わなかった・・・。

この爪、父からの遺伝。
甥の長男の爪がこの爪。しっかり遺伝している。


Keep your social distance & Stay Home

変異種のウイルス。
感染力も強く、重症化するのも早いようです。
それでも、ウイルスに付き合って行くほか
ありません。

そのためには、従来通りの3つの基本。
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村