施設(特別養護老人ホーム)に居る母は、今日、
新型コロナワクチンの2回目の接種を受けたはずです。

厚労省の発表によると、発熱、倦怠感、頭痛などの
全身反応は、高齢者の方が若年者より頻度が少ない
とのことです。

2回目接種後の37.5℃以上の発熱は、20歳代では
約50%に報告されているのに対して、50歳代は約30%、
70歳代では約10%と減少しています。

ただ、厚労省のHPで、新型コロナワクチンQ&Aを
見ると、

Q:高齢者で一番多い副反応は何でしょうか。
A:高齢者で一番多い副反応は、若年者同様、接種
  部位の痛みです。

日本で承認されているファイザー社のワクチンに
関して、一番多い副反応は接種部位の痛みです。

海外の臨床試験では7割程度の高齢者に起こるとの
結果が出ています。

これは高齢者で注意が必要な症状というわけではなく、
また、若年者よりも少し頻度が低いとされています。


このことから、たぶん、母は、ワクチン接種を
忘れて、注射跡が痛いと何度も騒ぐかも。
認知症でいいのは、何故、痛いのかを忘れること
ですが、逆に、何度も痛いのは何故としつこく
言うことでしょう。

ここ2~3日は、スマホの呼び出し音を少し大きめに
設置しておこうと思っています。

008

あたくしの接種券は、来週発送予定だそうで。
ま、気長に待つことにします。


Keep your social distance & Stay Home
変異種のウイルス。
感染力も強く、重症化するのも早いようです。
それでも、ウイルスに付き合って行くほか
ありません。
そのためには、従来通りの3つの基本。
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村