昨日のブログ記事に、コメントを下さったように、

「厚生労働省は8日、米食品医薬品局(FDA)が
承認し、日本でも審査中のアルツハイマー病新薬
「アデュカヌマブ」について、年内にも承認の
可否を判断する可能性があると明らかにした。」

と報道がありました。

エーザイと共同開発のアルツハイマー治療薬、
米FDA承認

アルツハイマー病は、発症する約20年前から
脳内に「アミロイドベータ(Aβ)」と呼ばれる
たんぱく質の「ごみ」が徐々にたまることで神経
細胞が死滅し、思考や記憶の機能が損なわれると
考えられている。

これまでの治療薬は、エーザイの「アリセプト」
をはじめ、病気の進行を遅らせる対症療法が中心
だった。

各国とも高齢化が進み、アルツハイマー病の市場
規模は大きく、世界の大手製薬企業は根治薬を
目指してきたが、十分な効果が得られなかった
などで開発中止が相次いできた。

今回のアデュカヌマブは、Aβを人工的な抗体で
除去する点滴薬だ。
両社によると、軽度認知障害(MCI)と診断された
人と、アルツハイマー病の初期症状の患者を対象と
した治験で、この薬を使った人とそうでない人を
比較。

その結果、薬を毎月1回、投与された人では認知
機能の低下を抑制した、としている。


Facebookのお友達である認知症専門医笠間先生も

長年追い続けた夢の扉が開かれた!って感じ。
とても興奮しており、今朝はAM1:30に目覚めました。
承認されなかったら、また10年この分野の研究が
立ち止まる!
立ち止まらせたくない!
承認を願うワクワクした気持ちから早く目覚めて
しまいました。

と述べられるほど。

しかし、どうも高額医療となるとか。
米メディアによると1人当たり年5万ドル
(約550万円)に上るとの試算があるそうな。

さらに、効果が出るのは、軽度認知障害(MCI)
の人と、アルツハイマー病の初期症状のようで、
進行した場合は無理のようです。

今の母から思うと、認知症でよかったと感じる
こともあります。

なんせ、母は、まだ80歳位と思っています。
実際の年齢を言うと、まぁ!というだけで、
すぐに忘れて、気分は80歳に戻る。

この頃は、これでいいのだとアタクシは思って
いますから。

004

Keep your social distance & Stay Home
変異種のウイルス。
感染力も強く、重症化するのも早いようです。
それでも、ウイルスに付き合って行くほか
ありません。
そのためには、従来通りの3つの基本。
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村