例のアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が
6月16日に初めてアメリカのロードアイランド州の
病院で70歳の患者に投与されたとのこと。

7日に米食品医薬品局(FDA)の承認され、16日の
投与は、専門医によると常識的にはあり得ないのだ
そうです。

それだけ、待ち焦がれた薬なんですよね。


FDAは新薬についてアルツハイマー病の進行を
遅らせるだけでなく、根本的な原因に作用する
初めての薬だとしているが、有識者の間からは、
はっきりした治療効果が認められていないと
警告する声もあがっている。

(中略)

新薬は生きた細胞からつくられており、診療所や
病院で点滴投与を行わなければならない。

最も一般的な副作用は脳の炎症だが、多くの場合
それによって症状や長期的な問題が引き起こされる
ことはないと臨床試験で示された。

アルツハイマー新薬の、バラ色とは言えない
評判とコスト


アタクシは、花粉症の治療薬ではありませんが、
症状を抑える注射を昨年のシーズンから注射して
います。

この注射も、高額療養費制度の対象です。
1年が経って、ほぼ、半額に下がりましたが、まだ、
対象から外れることはありません。

アルツハイマー病の新薬も、一般に処方されるまで、
時間がかかることでしょう。

薬に頼ることなく、認知症を発症した場合、何とか
暮らせるように今から考えておくことにします。

若年性認知症でも、進行を抑えつつ、普段の生活を
保持しようと努力されている方々も多いです。

要は、認知症発症をしっかり受け止めて、自覚し、
それなりに生活することだと思うのです。

母を看てきた分、どうするかをそこから学ぼうと
思っています。


004

Keep your social distance & Stay Home 
ワクチン接種が進んで抗体が広まっても、
予防の基本は変わりません。
従来通りの3つの基本。
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援下さい。よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村