「人生100年時代を健康に過ごすには」という
タイトルで、順天堂大学病院の天野先生が仙台で
講演したという記事を見つけました。

「上皇さまの執刀医」天野教授、健康寿命を
延ばすには「見た目の年齢が重要」
読売新聞オンラインより

国民皆保険で誰もが良質な医療を受けられる
ことや、公衆衛生の水準の高さで、寿命100歳も
現実味をおびてきたと先生。


「健康寿命」と平均寿命との差は、男性8歳、
女性12歳。
この間は健康に何らかの問題を抱えながら
過ごすことになる。医療費の抑制のためにも
「両者の差を埋める必要がある」と訴えた。

日本人の死因で1番のがんに続く心疾患と脳血管
疾患には、生活習慣病が深く関係しているとし、
特に「糖尿病に 罹患りかん していて高血圧の
治療を放置していると最悪」と強調。

病気を予防する手術や効果の高い薬も登場して
いるが、生活習慣を見直し、高血圧、糖尿病、
喫煙、肥満を管理するよう求めた。
その上で、
「食事や運動、旅行、ファッションに積極的な
人は実年齢よりも若返る。見た目年齢が重要」と
呼びかけた。


今日は、腕の上腕三頭筋のリハビリで整形外科へ。

リハビリ前に簡易血圧計で測って記入してから
治療に入ります。

簡易血圧計ですから、上が135とか125とか・・・
若い頃は、上が90、下が60だったアタクシ。

4年前にいつもと違う頭痛があり、市の健診の際、
脳ドックを受けました。

小さな梗塞があるけれど、ときどき、経過観察
すれば良いとのことでした。

なんで、梗塞が起きたのかを聞くと、高血圧と
糖尿病、つまりは生活習慣病からだと言われ
ました。

それで、ランニングを再開しましたが、今は、
またまた、三日坊主で何もせず。

食事は気を付けているつもりでも、間食は多いし
過食気味。

見た目年齢は、年相応よりも若干年食っている
と思います。

長生きはしなくてもいいけれど、PPK(※)で
人生を終わりたいと思っているアタクシです。

※PPKとは、ピンピンコロリのこと

017


Keep your social distance & Stay Home 

デルタ株感染が広がっています。
ワクチン接種をした人も感染しています。
感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
夏のマスクは、周囲に人がいないときは、
外して熱中症にならないようにしましょう。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村