アタクシが住んでいるアパートのお風呂の
バスタブ、結構深くて大きいのです。

お湯を溜めるまでに時間が掛かってしまい、
それが面倒で、シャワーで済ませることも。

ときどき、歩いて15分ほどの銭湯まで行き、
のびのびとお湯に浸かるという生活をして
おります。

台風が来る前に、雨が降る前にと昨日の夕方
銭湯へ行こうと思いました。

玄関を出て左は、118段の石段を下る方向、
右は下り坂が続く道へ。

銭湯へ行くには、崖下の老人施設の敷地内を
通り抜けるほうが近く、いつもは石段の方を
選んでいます。

しかし、昨日は、どうも石段を使いたくないと
強い気持ちがして、下り坂を選びました。
後で思うに第六感みたいな・・・。

その坂の途中で、母の施設(特別養護老人
ホーム)から、電話がありました。

もしも、石段の方を選んでいれば、転ばない
ようにと気を遣い使っているので、すぐには
出ず、折り返しになったと思います。


母の状態が、という内容ではなく、面会が
近いので、その際に必要な物をということ
でした。

そういう内容であっても、折り返しせずに
受けるほうがいいのです。

あとで、スマホの画面で施設からの電話と
わかって折り返しをするときのドキドキ感を
味わいたくない。

とはいえ、いずれは、そういう連絡が来ると
わかってはいるのですが。

019


Keep your social distance & Stay Home 

デルタ株感染が広がっています。
ワクチン接種をした人も感染しています。
感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」
夏のマスクは、周囲に人がいないときは、
外して熱中症にならないようにしましょう。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村