先日、肩のリハビリが終了し、治療ベットの脇に
置いたバックをそのままにして帰ろうとして
しまいました。

それも、初めてではなく、3回目でしょうか。

そんなとき、ひょっとして認知症のはじまりか?
と思ってしまうんです。

ついつい、目についてしまうタイトルが

「認知機能の低下を防ぐために」

これは、諏訪中央病院名誉院長で、作家の
鎌田實先生のブログからです。

・同時に2つのことをするデュアルタスクをして、
 脳を刺激する
・脳細胞の慢性炎症を抑えるために野菜をあと
 100g多く食べる
・筋肉を増やすためにタンパク質をたっぷりとる
・新聞を読んで朝、2つ単語を記憶し、夕方思い出す
・記憶する力と思い出す力を同時に強化する
・前頭前野に刺激して、ワーキングメモリを鍛える


鎌田實「八ヶ岳山麓日記」より

デュアルタスク運動とは二重課題運動ともいい
ウォーキングをしながら足し算や引き算を
行ったり、階段を上りながらしりとりをする
運動です。
この運動で、カラダと脳に適切な負荷をかける
ことが認知機能を高めることにつながるのだ
そうです。

やってみますか。
歩きながら、“100-3=97、97-3=94、・・・”

009

Keep your social distance & Stay Home 

緊急事態宣言解除はウイルスがいなくなった
こととは違います。
ワクチン接種をした人も感染しています。
まだまだ、感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。


人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村