眼科を受診すると必ず行う検査がありますね。

眼圧検査と視力検査。

認知症後期の母にはとても骨が折れる、折れた
ことでした。

アタクシからすれば、「車椅子から検査用の
椅子に移乗出来ますか?」と尋ねられても、
この頃の母を知りませんから、どのくらいの
介助で出来るのかもわかりません。

これは、もう、車椅子から動けません、で通す
他ないと思いました。

すると、まず、眼圧検査では大変なことに。

検査機はそれ用の椅子使用のみで、車椅子では
無理でした。

足置きから、足を外して機械の間に膝を入れて
足を延ばす。

その動作を指示しても、認知症の母自身は全く
わからずにいる。

顎を乗せようにも、車椅子では低すぎてしまう。
そのため、母が少し背伸びをする。

そして、「大きく目を開けて、そのままで」と
言われても、母は背伸びにくたびれ、目がトロン。

アタクシと看護師さんとで背中を押し、必死に
母に声をかける。

もう少しだから、頑張って目を大きく開けて!

うまくいかず、もう一度となると、母の目は
トロンとしてくる・・・。


視力検査は、機械化されていて、眼鏡を掛ける
と見慣れた円形が見えるらしい。

大きな声と、手振りが入って、まるで子供よう。
見る限り、反応はよい。

話かけないと、ぼーっとしている母。

早く、10分でもいいから、直接会って話が出来る
面会したいものです。

011


96歳で認知症の母には、検査は大変でした。
しなくてもいいようにならないものでしょうか。

Keep your social distance & Stay Home 

緊急事態宣言解除はウイルスがいなくなった
こととは違います。
ワクチン接種をした人も感染しています。
まだまだ、感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村