現在の仕事の中であったことでございます。

まだ、契約期間中ですので、詳細を書くわけ
にはまいりません。

わかりにくいかとは存じますが、お許しのほどを。

仕事の会場で、トイレへ行こうとしたアタクシを、
還暦近くと思しき女性が、心細げに声をかけて
きました。

○○と言いますが、連れ(たぶん、ご主人のこと)
が、ここにいると思うんです・・・。

アタクシは、この女性のことを覚えていました。

普通に見えるのですが、あれ?、動きが少し、
おかしいなと感じたのです。

認知症の介護をされている方なら、その「少し
変だ」ということがわかると思います。


連れってご主人様ですか?
さっき、そこで貴女はお一人で受付をされて
ましたよね。
一緒にお探ししましょうか?

そう、アタクシが言うと、

あー、いえ・・・、いいです・・・。

言い方が、消え入りそうな声で自信なさげで、
大丈夫だろうかと思いました。

見た目の年齢からして、若年性認知症の方なんで
しょうか。

お一人で来たのに、不安になったのかもしれ
ません。

その心細げな感じが、なんとも、切なくて、
胸が痛みました。

母が認知症を発症したときに、アタクシが
持った感情とは大違い・・・。

あんなにしっかりした母親だったのに、何故?
という情けなさのほうが先でした。

003

Keep your social distance & Stay Home 

緊急事態宣言解除はウイルスがいなくなった
こととは違います。
ワクチン接種をした人も感染しています。
まだまだ、感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村