アタクシは母の右目の目蓋に出来た悪性腫瘍を
取る手術を即決しました。

一応、兄と、悪性の場合は何もしないと事前に
打ち合わせをしていたにもかかわらず・・・。

診察の際には、トンチンカンな返事をしたりも
していましたが、母は、結構、意思疎通を図る
ことが出来たのです。

それを感じたとき、腫瘍が垂れ下がってきて
眼球の前に邪魔をすると母はどうなのか・・・。

新聞も本も読まないけれど、目の前にヘンな
おできが見えないほうがいいだろうと瞬時に
考えてしまいました。

で、兄に再度、相談することなく、事後報告で
手術することにしてしまったのです。


ところが、今のアタクシは、考え込んでしまう
こともあります。

それは、手術の際の麻酔もありますが、たった
2日か3日の入院で、母の環境が大きく変わって
しまう。

入院すると認知症が進行して、手に負えない母に
なってしまう。

そのまま、施設(特別養護老人ホーム)へ戻り、
元の穏やかな生活になるのだろうか。

環境が変わると知恵熱が出て、体力も消耗する。

その山を97歳の母が乗り越えられるのだろうか。

手術をする、しない、どちらを選択してもそれぞれ、
問題がある・・・。

結局、こういうことを、グジグジ、ずっと考える
のでしょうね。

仕方ない・・・。

004

Keep your social distance & Stay Home 

感染者数は劇的に減ってきてはいます。
でも、感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村