週に一度、副鼻腔炎の治療で上京しています。

そのためか、花粉症の時期以外で鼻詰まりに
なることがなく、快適な生活が送れています。


先生、97歳になる母の目蓋に悪性腫瘍があって、
手術をすることにしました。
年齢的にどうかなと思ったんですが・・・

と、ちょっと相談する感じで、話をしました。

治療をしながら、ですから、鼻の中に2本ずつ、
金属の細い棒が入ったまま、しゃべるんです。

たら~と涙が出ました。

母を思ってのことではなく、単に話辛いがため。

どの科で手術をするの?

形成外科です。

なるほど、〇※△#□かもねえ。

またまた、訳のわからない病名が出てきました。

そうね、形成外科だときれいにやってくれると
思うわよ。涙腺を取ってしまうかもしれない
から、目の表面が乾きやすいかも。

97歳であろうと、出来た場所が場所だから手術を
したほうがいいわよ。
他の場所に出来たものなら、進行が遅いだろう
から、そのままにしておいてもいいけれどね。

これまた、力強い賛成論を言って下さった。

明日、また、母の形成外科への通院です。
心房細動のある母、麻酔をどうするかなど、
細かいお話があると思います。

008


Keep your social distance & Stay Home 

感染者数は劇的に減ってきてはいます。
でも、感染予防は必要なことです。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村