むかし、むかし、母が認知症ではなかった頃の
こと。

母が電話で伯母達や友人達とおしゃべりをして
いたのを漏れ聞こえた内容は、毎回、自分の
持病や通院に、病気の情報のことばかり。

当時、アタクシは、あーいう年寄りにはなり
たくないと思っておりました。

ところが、このところのアタクシが友人と電話で
話すことは、病気や病院に、やはり病気の情報。

女性のアタクシ達は、乳がんの話をよく致します。

先程も、ある友人と電話をしました。

彼女の話によると、女医さんの視触診でしこりが
あると言われて、マンモグラフィーを受けたそう。

結果は、何もなくてセーフだったけれど、しこり
とは何だったのだろうかと。


思い出したのは、母が80歳くらいのことだった
でしょうか。

ねぇ、ここにヘンな塊りがあるの、ちょっと、
触ってみて。

母親と言え、人の乳房を触ることに抵抗があった
アタクシ、拒みました。

それでも、母はグイッとアタクシの手を掴んで
触らせました。

具体的に表現すれば、ロッテの梅キャンディ
「小梅」の小玉サイズのコリッとした感じ。

以来、セルフチェックをする際に役立っており
ます。

あのときの母の強引な動作には感謝と言った
ところです。

029


Keep your social distance & Stay Home 

オミクロン型の感染が急激に増えています。
症状としては、風邪の症状と同じようだとか。
重症化はしないそうですが、しかし、高齢者や
持病のある方が感染すると重症化します。
やはり、感染しないこと、が大事です。
「三密(密集、密接、密閉)」を避ける
「相手と身体的距離を確保すること」
「マスクの着用と手洗いや咳エチケット」

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ有難いです。
よろしくお願い致します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村