毎朝、お茶を淹れる・・・。

これは、母がやってきたこと。

母にはカトリックという宗教があったけれど、
父は長男であったから、お仏壇もありました。

そのお仏壇に毎朝、お水とお茶。

父が亡くなってからは、それまで使っていた
夫婦湯飲みにお茶を淹れていました。

アタクシは母がやってきたことを引き継いだ
だけ。


今朝もお茶を淹れていて、母を思い出して
おりました。

そういえば、アタクシが会社勤めをしていた頃、
朝、朝食も摂らずに慌ただしく出掛けようと
すると、母から言われたことがありました。

お茶を飲んで行きなさい、それも、一口は
ダメよ。せめて、二口よ。

なんで、二口でないとダメと言っていたのか。


お茶を巡ることわざや伝承をググってみると、
「朝茶は福が増す」というのがありました。

朝、お茶を飲めば、その日一日のさまざまな
災難を逃れることができ、福も増すという意味
だそうです。

一口では効果がないというわけでしょうか。

018

もう一つ、お仏壇のロウソクを息を吹きかけて
消して怒られたことがありました。

手で仰いで消すのよ。

これは、「人間の口はとかく悪行を積みやすく
穢れやすいものなので仏に供えた火を消すには
向かない」という考えからだそうです。

そういえば、ダメな理由をきちんと教えては
くれなかったね、おっかさん。

Save your life & Know the virus

手洗いは基本です。
マスクは、屋内ではマスク着用推奨で、会話を
するときもあったほうがよいようです。
屋外では、夏場、熱中症防止の観点から
着用しなくてもいいケースがあります。

まだまだ、感染しない、させないを心掛けて
生活しましょう。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ嬉しいです。よろしくお願い
します。





人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村