「新型コロナがなくなってから辞めるとなると、
私は105歳になってしまう」

テレビ画面を見ずに台所にいたアタクシは、
この言葉を聞いて、テレビの前に戻りました。

えっ、誰なんや?105歳になるって今は、何歳に
なりはるん?

米国バイデン大統領の首席医療顧問を現在、
務めるファウチ氏(81)がインタビュー中に
話をしたことなんだそうで。

バイデン大統領の1期目の任期満了前に退任
するとのこと。

何故なら、今後何年も「コロナウイルスと共存
することになると思う」とのファウチ氏の見解。

ファウチ氏は、トランプ前政権から新型コロナ
対策の司令塔であり、7人の大統領の下、40年
近くにわたって米政府の感染症専門家のトップ。


母が存命中は、新型コロナが早く収束して、
自由に面会が可能になることを望みました。

やはり、月に一度の窓越し面会だけでは、
認知症の進行を抑えることは出来ませんでした。

新型コロナウイルスとの共存を考えるに、
病院や施設での面会方法も以前と同じとは
いかないことでしょう。

以前に近い状態に戻るためには、どうすれば
いいのか。

母亡き後、アタクシには関係ないとは言わず、
予防の基本は守っていきたい。

インフルエンザのように、予防接種と治療薬で
やっていかれるようになればいいのに。


017

Save your life & Know the virus

ウイルスのBA.5に急速な置き換わって第7波への
爆発的感染が危惧されています。

「伝染りやすく」「罹ったら手ごわい」と考え
基本の予防は手洗いに身の周りの防疫衛生に
配慮すること。

「弱毒」などと軽く見ず、新規感染しないことが
一番大切です。確実にご自身の、またご家族や
身近な人々の健康を守りましょう。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ嬉しいです。よろしくお願い
します。