突然始まる介護で慌てないための「介護のロード
マップ」4つのステップを解説


こういう介護のノウハウ解説を読むとき、
ついつい、過去の在宅介護と比べてしまう。

比べる、というか、介護中の心理はほぼ、同じ。

ちょっと違うと感じた箇所がありました。

しかし、不思議なことに介護保険制度に関しては
要介護者は「やってもらって当然」という姿勢に
なりがちです。
まず、この意識を変えなければなりません。

自分が要介護者となった場合、自宅での介護を
希望するのか、施設に入所するのか、看取りの
時期はどこでどのように過ごすのか、延命措置は
するのか、しないのか――。

65才以上の人は、自分の介護について自ら学び、
備え、家族に伝え、さらに全員で同じ情報を
共有しておくこと。

そうしなければ、介護によって家族が崩壊して
しまう可能性すらある時代がすぐそこまでやって
来ています。


亡き母も60代後半の頃、よく言っていました。

アタシをいつでも施設に預けていいのよ。
家族の迷惑にはなりたくないから。

それが、認知症を発症してからというもの、
すべては反故となり、介護者であるアタクシも
苛立ちを母に直にぶつけてしまったことも。

娘がいるのに、なんでヘルパーさんなんて
頼むわけ?

アタシは、まだ、何でも出来るから一人でも
大丈夫!

人任せで過ごしたのは、認知症後期になって
から。

母の介護で失敗したことは、ケアマネージャーを
しっかり選ばなかったこと。

何人かに会い、話をして、と今になって思い
ますが、なんせ、このサイトにもありますが、
介護は突然にやってくるので、そこまで思い
つきませんでした。

親達は元気だから大丈夫、なーんて考えている
そこのあなた、ほんと、介護は突然やってきます。

003


Save your life & Know the virus

ウイルスのBA.5に急速な置き換わって第7波への
爆発的感染が危惧されています。

「伝染りやすく」「罹ったら手ごわい」と考え
基本の予防は手洗いに身の周りの防疫衛生に
配慮すること。

「弱毒」などと軽く見ず、新規感染しないことが
一番大切です。確実にご自身の、またご家族や
身近な人々の健康を守りましょう。

ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ嬉しいです。よろしくお願い