先日の夕方、事務のお手伝いをしているヨット
クラブの理事会がありました。

新年会も兼ねていたので、いつもよりかなり
遅くなりました。

アタクシは2日前からお風呂に入っておらず、
帰宅後、入浴したいと思っていました。

遅くなることがわかっていたので、銭湯に寄って
いくことにしました。

最近、見つけた昭和の時代の銭湯が1月末で閉店に
なりました。せっかく見つけた熱い湯の銭湯だった
のに。残念です。

そこで、ケアハウスに来て最初に見つけたサウナの
ある現代的な銭湯へ。夜の11時に近かったのですが、
午前0時までの営業だったので、大丈夫でした。

こんな時間に来る人が少ないのでは?と入って
みたら、トンでもなく、混雑していました。

それも若い人が殆どでした。

アタクシは、11時半には出てきたのですが、
まだまだ、残っている人は多い。

最終バスはとっくに終わっているし、ご近所さん
とはいえない若い女性ばかり。

どうやって帰るんや?

午前0時近くのケアハウス内は、さすがにシーンと
しており、個室から漏れる電燈の光もありません
でした。

そーっと足音を忍ばせて廊下を歩いて居室へ。

こんなに静かな中で、バスルームを使うわけには
いかないから、銭湯に寄ってよかった。

006


ブログをお読み下さり有難うございます。
介護日記に引き続き、よろしくお願いします。