28人もババ様がいると、色んな病気の話が出ます。

アタクシより1ヶ月早く入居された昭和20年生まれの
麓さん。

麓さんは、亡き母の同窓生。同じ保育学校の卒業。

そんな関係で、食堂にいるときも彼女と一緒に
話すことが多いのです。

見ざる、聞かざる、言わざると、アタクシを諭て
くれるのもの彼女です。

彼女は糖尿病の境におられるので、近所の専門医に
通院されています。

アタクシは、辛うじて糖尿病の境でもなく、ただ、
インシュリンの出が悪いから食事には気を付けて
と言われました。

アタクシも、彼女の真似をして、お菓子を食べて
しまったとか、果物を食べるときは、ご飯をよそう
のに、少な目にしています。

で、気になっていた血圧のことを聞きました。

あら、毎朝、毎晩、ちゃんと測って記入して
いるわよ。

上が126で下が85くらいなんですけど・・・

そのくらいよ、大丈夫。

ところで、血圧計は腕ですか?手首?

そんな会話をしていたましたら、お隣の濁点さんが
合流。

腕で測るのは面倒だ、数値は2回測って、少ない方を
選んで記入する、など、まあ、話が尽きませんでした。

結構、そんな経験話を聞いて参考にしています。

030


若い頃は、90/60の低血圧気味だったんですけれど。

ブログをお読み下さり有難うございます。
介護日記に引き続き、よろしくお願いします。