昨日のことでございました。

外出した帰り、新宿から中央線に乗りました。

ちょうど、会社帰りの時間帯になっており、少々
混んでおりました。

中野は新宿の次ですから、全く座りたいとも
思わず、電車の進行方向へ合わせて立っており
ました。

座席中央あたりに座っていた若いお嬢さんが、
アタクシにニッコリ笑いかけるではありませんか。

あれ、あの人、知り合いやったけ?

ああ、アタクシの勘違い。
なんと、アタクシに席を譲って下さったんです。

あ、いえ、次で降りますから、大丈夫です。
ありがとうございます。

答えながら、ショックでした。
アタクシってそんなに年寄り・・・??

その日は、アタクシより1ヶ月早くの入居した
addさんのお誘いで、東京ミッドナイトタウン
内にあるサントリー美術館へ行ってきました。

母の介護で、東京ミッドタウンへは行ったことが
なく、美術館内もともかく、久々の大都会。

初めてなので、その場で別れてアタクシは、
ウロウロして帰りました。

きっと、疲れた顔をしていたのかも知れません。

006

ブログをお読み下さり有難うございます。
介護日記に引き続き、よろしくお願いします。