鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 介護施設

4月中旬頃から、母の体調が悪いと言われてネット内介護に関するサイトや記事を読むこともないままでした。この頃、少しずつ、また、目を通すようになりました。介護は終わったと言えるのですが、アタクシの中では、それじゃあ、切り離してとまではいっていません。よく見てい ...

母の施設(特別養護老人ホーム)で新型コロナウイルス感染者が出て、入所者さん1名が入院となりました。ワクチン接種は2回受けたにもかかわらず、のブレイクスルー感染だったのだそう。陽性者が出たユニットが2週間の経過観察となっていました。食事はリビングではなく、各自 ...

要介護5で、車椅子生活の母親を一人息子であるYさんが介護していました。まだ、自力歩行が出来ていたときは、まだ、なんとかできたものの、まったく動けなくなり限界を感じたのだそう。お話を聞いてみると、93歳になられるお母様もこれ以上は無理、施設へ入所しようと思われ ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)が、NHKのEテレの番組内で、飼っていたペットと一緒に入所できる老人ホームとして、紹介されました。 あしたも晴れ!人生レシピ「ペットと共にどう暮らす?」そのなかで、この9月半ばに、シーズーのサリーちゃんと一緒に入所された方が ...

今日は火曜日。母の施設(特別養護老人ホーム)での恒例のボランティアと文福の散歩。そして、面会時間を短くするためでもある、集団リハビリに母を連れて参加しました。母は、これもいつものように運針を。アタシは、そんなこと、しないわよ。と言いつつも。そのとき、作業 ...

↑このページのトップヘ