鬼娘の桑楡日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及んだ介護も終りました。鬼娘も施設(ケアハウス)に入居。それに伴い、タイトルの「介護日記」を「桑楡日記」に変更し、再スタートしました。桑楡(そうゆ)とは、夕日が樹上にかかっていること、転じて暮れ方、晩年、老年などの意味します。一生の終わりに向かっていく自分自身のことを中心にして、ぼちぼち、やっていきます。(天使の梯子)

カテゴリ: 介護施設

コロナ禍以降、仕事のリモート化から地方移住とか住まいの状況も変わってきました。アタクシ自身、将来をどうするかを考えるとき、家賃が高くない地方で住むのもいいのかもと思うことも。しかし、地方移住は若いうちはいいけれど、高齢になって、高齢者が住むには大変な所へ ...

時々、猫の佑介君のお母さんとラインをして話をします。お母さんは「施設」という共同生活をされています。一日をどうやって暮らすのかは、認知症ではありませんから、ご自分で決めて好きなことをやっておられます。「絵を描く」ことを中心にして、手先の器用さと独自のアイ ...

亡き母が6年半に亘ってお世話になった横須賀にある「さくらの里山科」ここの施設長である若山三千彦氏が定期的にヨミドクターのサイトにコラムを連載されています。7月18日付のコラムには、「看取り犬 文福」のことではなく、若山氏いわく「癒やし活動」の部分を書かれてい ...

4月中旬頃から、母の体調が悪いと言われてネット内介護に関するサイトや記事を読むこともないままでした。この頃、少しずつ、また、目を通すようになりました。介護は終わったと言えるのですが、アタクシの中では、それじゃあ、切り離してとまではいっていません。よく見てい ...

母の施設(特別養護老人ホーム)で新型コロナウイルス感染者が出て、入所者さん1名が入院となりました。ワクチン接種は2回受けたにもかかわらず、のブレイクスルー感染だったのだそう。陽性者が出たユニットが2週間の経過観察となっていました。食事はリビングではなく、各自 ...

↑このページのトップヘ