鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 特養にて

母の抜糸のための通院は、午後でした。病院から施設(特別養護老人ホーム)に戻ってきたのは、午後4時近く。エントランスで母を見送り、一階のホールがいつもと違いドアが開いていたので、廊下から覗いてみました。そうそう、猫の佑介君のお母さんが、「2年近く中止されてい ...

先日、母との月一の窓越し面会の際、ユニットリーダーさんから言われたこと。この頃、便失禁が多くなりました。しかし、お元気ですから安心して下さい。まだ、ベットの足元に置いてあるポータブルトイレを使っているようです。変形性膝関節炎であるので、立ち上がることは出 ...

今日、5月6日は猫の佑介君の四十九日でした。皆さんがご存じのように、人や動物は亡くなると意識が肉体から離れ、四十九日の間は生前に暮らしていた場所に留まっているとのこと。この日を境にして、そこから次第に離れて、生まれ変わるといいます。そこで、施設(特別養護老 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の様子がスーパーJチャンネルで放映されるとのこと。明日、スーパーJチャンネルペットと一緒に入居できる特別養護老人ホームとして紹介されるようです。そして、看取りをする犬として文福が撮影されたそうです。母がこちらに入所して、すぐの ...

施設(特別養護老人ホーム)のブログによると、テレビ朝日のスーパーJチャンネルの取材を受けたようです。放映は来週なんだそうです。インタビューを受けたのは、猫の佑介君とお母さん。犬のユニットでは、サリーちゃんとお母さん。お母さんは認知症ではないのでインタビュー ...

↑このページのトップヘ