鬼娘の桑楡日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及んだ介護も終りました。鬼娘も施設(ケアハウス)に入居。それに伴い、タイトルの「介護日記」を「桑楡日記」に変更し、再スタートしました。桑楡(そうゆ)とは、夕日が樹上にかかっていること、転じて暮れ方、晩年、老年などの意味します。一生の終わりに向かっていく自分自身のことを中心にして、ぼちぼち、やっていきます。(天使の梯子)

カテゴリ: 鬼娘のひとりごつ

重箱は何箱あるのだろうか・・・。とにかく、出来ることを一つ一つ、やっていかねば。またまた、問題発生。今回はホームページの作成です。作成というか、すでに出来上がっているホームページのなかに、PDFを入れ込みリンクさせること。サーバーにPDFをアップロードさせるこ ...

重なるときは重なる・・・一つ、終わってもまだまだ、重なっています。その重なりの一つ。事務のお手伝いをしているヨットクラブの理事さんから、名刺作成の依頼がありました。手製で十分です、と言われたものの、そんな時間、ないし・・・。そこで、〇ンコーズというコピー ...

(ケアハウスから桜並木の中野通りを通ってJR中野駅まで)お線香を贈るとは。お線香を贈ることは、故人に対する哀悼の意やご先祖様への感謝の気持ちを示すものです。 昔は訃報を聞いて葬儀に参列しその際に直接持参するというのが一般的でしたが、近年は家族葬のため参列で ...

本日は、ケアハウスでも介護でも老後のことでもなく、アタクシが高齢者であるが故に感じたことをつぶやきたいと思います。マルハラ、「マルハラスメント」の略称。LINEなどSNSで中高年から送信される「承知しました。」など文末に句点がつくことに若者は威圧感や恐怖心を感じ ...

お正月、姪と一緒に電車に乗ったときのこと。今年、年女の姪、四捨五入すると50歳になります。渋谷駅の田園都市線からスイスイと通り、階段をトントンと上るのです。ついて歩くアタクシは、階段の前にくると、えっ、エスカレーターを使うんとちゃうの?と横を見ながら、姪と ...

↑このページのトップヘ