鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 鬼娘のたわいもない出来事

この頃の天気予報に、「花粉症」という言葉が登場するようになりました。先日、某テレビの情報番組のMCが「朝、少し来たなという感じでしたけれど。」と花粉が飛んでいるかもしれないと言っていました。アタクシの肩のリハビリをしてくれている、理学療法士さんが、花粉症。 ...

今日の写真はなんぞや?とお思いのことでしょう。先日、手術をした母と同じ病院でCTを撮りました。ここの病院の内科は、まず、内科初診を受けて、次に、消化器、呼吸器、内科と診察を受けるのです。で、今日はCTスキャンのみ。問診を終え、CTの場所の説明を聞き、いざ、行っ ...

普段、何も運動しないアタクシ。この寒さで、用事がなければ歩くこともなく現在も2日間はどこにも行かず、閉じ籠ったまま。関東はこのところ、日中は暖かく、歩けばよいのでしょうが、部屋着のまま、出るわけにはいかず、じゃあ、着替えるかとなると、面倒やんかぁーと・・・ ...

母が認知症を発症する前は、お墓参りに年末に行き、年始にも行っていました。その当時から、アタクシは、年末に行かんでもええやんと思っておりました。母にとってはお墓参りは重要なことだったのでしょう。父方の田舎は、新潟の中蒲原郡(今は新津市になっているようです) ...

あけましておめでとうございます。元旦の関東は、寒いですが、快晴で穏やか。こういうときは、日本海側の地域ではドカ雪。雪かき、雪下ろしと大変な作業をされているのでしょう。どうぞ、無理をされず、お気をつけて。子供の頃、お正月になると、ウールの着物が用意されてい ...

↑このページのトップヘ