鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 死後の後始末

仏教では、初七日を終えると、7日ごとに、二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日(四十九日)と、極楽浄土に行けるかどうかの裁きが行われるそうです。この次の生を受けるまでの49日間を中陰と言い、7日ごとの裁きに合わせて、故人が成仏できるよう遺族が供養(法要)を ...

母の夢を見ました。姿を見たというのではなく、母がそばに居るという感覚です。それも、いい感じではなく、寝ているアタクシのところに母が来て洋服がないと探しているというものです。洋服がない?うーん、浴衣で送り出したのは、縫い付けられていたメモの通りだしね・・・ ...

一昨日の金曜日の夕方、母が亡くなる前から決まっていた会合がありました。決算月が3月の団体の事務を請け負っており、その会合には、決算書を提示して承認を受けなければならない状況でした。かなり、焦りましたが、なんとか、期日までに仕上げて、会合は終わりました。さて ...

相続、金銭的なものではありませんが、我が家のお墓の名義書き換え。藤沢市営大庭霊園内にあるので、手数料500円で完了します。しかし、手続きは遺産分割協議書並みの書類を揃えなければなりません。亡き母の名義から長兄に書き換えるのですが、三人兄弟のアタクシ。まずは、 ...

毎朝、お茶を入れて、ベットに座り、母に向って「お茶が美味しいよね。」と言いつつゆっくりと飲んでいます。しんみりと母を思い出し、涙が出る・・・、とまではいかず、まだまだ、死後の事務処理に追われています。昨日は、お隣の横浜市金沢区の区役所へ。そして、外出する ...

↑このページのトップヘ