鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 日々の出来事

ブログにお寄せ頂いたコメントを見て、あちゃーバレている・・・と思いました。バレて当たり前です。はい。だって、亡き母の施設の介護兼看取り担当のワンコ、文福のことをブログに載せてましたものね。昨年秋から、母がお世話になった「さくらの里山科」にNHK E-テレの取材 ...

本来は、長男であり、代々のお仏壇を相続している兄のところに母のお骨を置いておくはずが、結局、納骨までの3ヶ月、アタクシのアパートにありました。納骨をしてしまうと、空の巣症候群のような気持ちなるかなと自己分析していました。納骨当日は、帰宅後、疲れ切ってそのま ...

納骨って、しんみりとするものと想像していました。実際に、JR横須賀駅のプラットホームで海上自衛隊の軍艦を見たとき、アタクシ自身で母を横須賀港に連れてきたかったと涙ぐんでしまいました。母方の祖父が海軍の所属だったから・・・。ところが、霊園に着いて納骨をする間 ...

最後のお供えは、蚊やりの豚と金魚の練り切り明日は母の納骨。仏教的にいえば、百か日を過ぎてしまいました。ひ孫達の夏休みを待って、この時期にしたのに、感染者数の増加で、子供達は参列しないことに。認知症でひ孫のことは忘れてしまっていたのですから、孫たちに囲まれ ...

13日から16日までのお盆の期間。ほんとは13日にお迎えに行く予定が台風が関東に上陸したので12日に前倒し。母の納骨がお盆を越えるので、13日、いや12日にご先祖様をお連れして、母を交えてゆっくりして頂きましょう。期間中は、ご先祖様用にお茶をいれてますが、さて、その ...

↑このページのトップヘ