鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 認知症とは

アルツハイマー型認知症の開発薬を様々な角度から開発しているエーザイが、「レカネマブ」の承認に向け、各国に申請しました。米国では、米食品医薬品局(FDA)から6日に迅速承認を受け、同日に正式承認に向けて申請。11日には、欧州医薬品庁(EMA)に販売承認申請を提出した ...

今日(1月7日)のNHKスペシャルで認知症に関する番組があったので、見ました。介護が終了した今でも、認知症は気になることでもあります。NHKスペシャル認知症の母と脳科学者の私記憶が失われても母は母らしくいられるのか―。脳科学者の恩蔵絢子さんは、認知症になった母・ ...

あんずさん、こんなことを聞くのはなんだけど。認知症で亡くなるということが、わからないし、生存期間ってどのくらいなの?さて、お母様の認知症に悩む友人から究極の質問がありました。アタクシにも覚えがあります。母が寝たのを確かめてから二階に上がり、パソコンで調べ ...

昨日、ランチをした友人の介護のお話しです。すでに、お母様の短期記憶がなく、すぐに忘れてしまう、それによるトラブルもあるようでした。基本、一人暮らしで、友人である彼女と二人の弟さん達が、顔を出すという生活だとのこと。一人ならば、ヘルパーさんは?と聞くと、デ ...

「親が認知症である」と銀行に伝えると銀行は口座を凍結するという。だから、子供が成年後見人になっておかないと、という考えになるようです。「成年後見制度」とは・・・認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理 ...

↑このページのトップヘ