鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: 認知症とは

あんずさん、こんなことを聞くのはなんだけど。認知症で亡くなるということが、わからないし、生存期間ってどのくらいなの?さて、お母様の認知症に悩む友人から究極の質問がありました。アタクシにも覚えがあります。母が寝たのを確かめてから二階に上がり、パソコンで調べ ...

昨日、ランチをした友人の介護のお話しです。すでに、お母様の短期記憶がなく、すぐに忘れてしまう、それによるトラブルもあるようでした。基本、一人暮らしで、友人である彼女と二人の弟さん達が、顔を出すという生活だとのこと。一人ならば、ヘルパーさんは?と聞くと、デ ...

「親が認知症である」と銀行に伝えると銀行は口座を凍結するという。だから、子供が成年後見人になっておかないと、という考えになるようです。「成年後見制度」とは・・・認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理 ...

昨日のランチでの話題の続きです。保険の見直しの相談で、会ったのですが、ご両親の介護をしている彼女。話題は、やはり介護の苦労について。でも、話の最後は娘であるアタクシ達の将来。とは言っても、老後の生活のことではなく、認知症を発症するのではないかということ。 ...

今日は保険のことで相談に乗ってくれている友人とランチでした。彼女のご両親は健在なんですが、お二人とも、それぞれ、問題が・・・。お父様はクリアな方だけれど、車椅子生活。お母様は認知症を発症。車椅子のお父様が、彼女が会社に行っている間は、お母様を見守っておら ...

↑このページのトップヘ