鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

カテゴリ: デイケア

なんと、珍しいことでしょう。またね、よろしく頼むわね。手を取り、玄関のあがり口まで付き添って、くれたスタッフさんに、部屋に入りかけた母、振り返って、申しました。いつもなら、そのまま、よっこらせと入ってしまうのに、ふと、振り返ったのです。デイからの帰宅。乗 ...

胸が押されるように苦しいのよっ!!こんなに苦しいのに、行けっていうの?!介護されている方には、おわかりなると思いますが、不調を訴えられるとひょっとして?ほんまに苦しいのかもしれないと、気持ちが一瞬、怯むんでございます。電話して、休ませるかな?、なんてね。 ...

確かに以前と比べると、騙し易くなりました。一年に一度の甲状腺の徹底的検査のために、今日から、あたし、入院すんねん。入院は嘘ですが、甲状腺の検査を受けるのはほんと。母にショート行きを告げる口調も、いつもと違い、我ながら、きっぱりと言えました。一年に一度、エ ...

あんずさん、いちいち、行先を言わないで、「今日はお出かけよ。」と言って支度させて、お迎えのスタッフさんに任せればいいのよ。以前、介護の先輩から、そう言われて、素直なばあさんやから、そう出来るんや。絶対、嫌やというと絶対やもん、うちは。当時、頑として、行き ...

アタシ、あんずちゃんと暮らせて幸せだわ~。それに対して、「そお?、私も。」なんて、言うべきなんだろうかと思うだけで、口からでまかせでも、言えませんでした。まだ、幼児の頃は、母のそばから離れることなく、くっついていたのに。特急「つばめ」に乗り、名古屋駅の停 ...

↑このページのトップヘ