鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:お彼岸

今日でお彼岸の期間が終わります。お盆と同じく、期間が終わる最後は、お蕎麦をお供えします。お盆とお彼岸はどう違うのか、ネットで調べてみました。お盆とは先祖が里帰りをする日で、期間は4日間。お彼岸は、あの世(彼岸)とこの世(此岸)が最も近づく日で期間は7日間。 ...

お彼岸になると、思い出すのは母が作っていた「おぼた」春は牡丹の花から「ぼたもち」といい、秋は萩の花から「おはぎ」となったという説があります。牡丹の花は大きく、豪華なので、どかっと大きいのを「ぼたもち」というのだそうです。まさに、母の作る「おぼた」は、手の ...

昨日(秋分の日)は、一日置きのカレンダーに符号してしまいました。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会。家に帰りたい。そう言う母へ、それは無理やと理解させるのと、在宅介護を放棄したと思う自分自身の気持ちにケジメというか、納得させるために。でも、この頃は ...

↑このページのトップヘ