鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:ご先祖様

本来は、長男であり、代々のお仏壇を相続している兄のところに母のお骨を置いておくはずが、結局、納骨までの3ヶ月、アタクシのアパートにありました。納骨をしてしまうと、空の巣症候群のような気持ちなるかなと自己分析していました。納骨当日は、帰宅後、疲れ切ってそのま ...

13日から16日までのお盆の期間。ほんとは13日にお迎えに行く予定が台風が関東に上陸したので12日に前倒し。母の納骨がお盆を越えるので、13日、いや12日にご先祖様をお連れして、母を交えてゆっくりして頂きましょう。期間中は、ご先祖様用にお茶をいれてますが、さて、その ...

亡き父も母も、関東の出身なんですが、関西での生活が長く、お盆は7月というより、8月の旧盆を主としていました。今日、13日は、盆の入り。前日、友人から貰った桃をお供えしました。でも、そのまま、置いておくと熟れ過ぎてしまうと、ちょっと、お供えして、すぐに食べてし ...

毎朝、お茶を入れ、父の写真の前に置き祈る、いや、願うこと。母が穏やかに生活して、最期も穏やかであって欲しい。そして、母方の祖父母には、コロナを乗り切り、長生きできるようにと。思えば、願うというか祈るというか、内容が在宅介護中とは、大きく変わってきています ...

↑このページのトップヘ