鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

タグ:アンソニー・ホプキンス

今日は、映画を見てきました。その映画の劇中歌にも使われ、エンディングロールでも流れる歌劇ビゼー真珠採りより「耳に残るは君の歌声」。見終わったあとの、胸を打つ寂しさと悲しさにピッタリな曲に、アタクシは暗闇の中で泣いてしまいました。「ファーザー」アンソニー・ ...

ファーザー(原題:The Father)という映画が、本日5月14日に公開されました。認知症を患った父親とその世話に奮闘する娘の様子を、認知症を患った父親の視点で描いているという非常にユニークな映画なんだそうです。『羊たちの沈黙』などのアンソニー・ホプキンスが父親役を ...

↑このページのトップヘ