鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

タグ:コロナ禍

在宅介護をしているとき、やりたかったことはゆっくりお茶をしてボーッとすること。母がデイやショートへ行っても、外でゆっくりということはなく、何故か、そそくさと家に帰ってくることが多かったです。それは、今でも一緒。どうせ、家に帰っても一人なんだから、ゆっくり ...

昨日、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行ってきました。面会と言っても、コロナ禍ですから、窓越しとなります。それでも、母の表情を見ることも出来るので、とても有難く思います。その面会に向かうバス停で、見知らぬ女性から声をかけられました。あー、あんず ...

お母様が介護認定の変更で、要介護度3になったブログの介護友、にゃんズの母様。要介護度3になったということは、特養(特別養護老人ホーム)への申し込みが可能になったということ。家族としては、なるべく、本人が気に入る、否、本人はどこも気に入らないのだけれど。気に ...

昨日は、1年ぶりに髪の毛をカットしてきました。前にカットしたのは、夏の前で、これから暑くなるから、短くしてと頼んだ記憶が。そろそろ、カットしたいと思ったときは、コロナ禍でそのまま、夏を越えてしまいました。年齢が若ければ、ロングヘアを風になびかせて、でもいい ...

ニュースを見ていると、羽田空港が混雑しているという。北海道と沖縄便は満席、だから、航空会社は機材を大型機に変更するなりするとか。はいはい、シルバーウィークという連休。「ずっと遊びに行っていなかったので」というインタビューには、このコロナ禍では当たり前やろ ...

↑このページのトップヘ