鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:ストレス

亡き母の在宅介護をしている間、次々、起こる出来事に戸惑い、怒り、嘆いてきました。認知症という病気なんだから、仕方ないのだと自分自身に言い聞かせるも、どうにもならない感情が沸いてきましたっけ。二階の和室にある押入れの布団の中に、頭を突っ込み、大声で叫んでみ ...

母の死から介護が終わったアタクシが悩むことではありませんが、過ぎてきた在宅介護へのタラレバ後悔はあります。認知症介護のストレスを減らすケア本人も介護者も幸せになる5つの秘策1.認知症の介護で多い物盗られ妄想の対処法2.認知症介護では失敗は叱らず「褒める」3.認知 ...

ふと、考えてしまいました。施設(特別養護老人ホーム)にいる母との面会時間は、アタクシがスムーズに帰ることが出来るように計算します。夕食は午後5時過ぎ。スタッフさん達は、10名いる入所者のうち、寝たきりの3名を残して、5時少し前から順次、部屋からリビングへ移動さ ...

午後から、テレビ朝日で、1972年公開の松竹映画「男はつらいよ 柴又慕情」(第9作)を放送していました。今日(12日)公開される、吉永小百合主演の山田洋次監督『母と暮せば』の公開記念とか。珍しく母は大人しく、一人で見ていました。母には、二階にいるからと声をかけて ...

隣の公園でタバコを吸っている人がいるわよ。アタクシは母のその言葉を無視しました。すると、母は大声を出して、ねえ、ちょっと、タバコ臭いでしょ!!じゃあ、隣の公園を見てくるから。公園に面した二階の窓から見ても、やはり、誰もいません。二階から階下へ降り、リビン ...

↑このページのトップヘ