鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:マスク

母の施設(特別養護老人ホーム)で新型コロナウイルス感染者が出て、入所者さん1名が入院となりました。ワクチン接種は2回受けたにもかかわらず、のブレイクスルー感染だったのだそう。陽性者が出たユニットが2週間の経過観察となっていました。食事はリビングではなく、各自 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)は、横に長い建物で、エレベーターは端にあります。兄と二人、一階のホールで待っていると、向こうの方から、ユニットリーダーさんと車椅子で母がやってきました。入り口付近で、アタクシ達の顔を見た母の目が大きく見開きました。そして、soc ...

新型コロナウイルスの感染が再拡大し、高齢者施設や保育園でのクラスター(感染者集団)が県内で相次ぎ発生している。認知症の人や園児ら、長時間マスクを着けられない人たちの感染が目立つ。マスク着用が呼びかけられる中、そうはできない事情がある人たちをどう守っていく ...

諸悪の根源は東京、と某知事さんがおっしゃった。ほんまでっせ。昨日の9日は、224名の新型コロナの感染者数。今日は、243名だそうで。先週、アタクシは期日前投票のバイトをしておりました。某区の少し不便な特別出張所にもかかわらず、平均400名近い方々が来られました。最 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、面会再開については、神奈川県、横須賀市の報告される感染者数を鑑みながら、決めるとのこと。独自の警戒体制の解除再開直後の面会方法は、エントランスでの検温、健康チェックを行ない、面会時間は20分以内でそれぞれの居室でとなるよ ...

↑このページのトップヘ