鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

タグ:ユニットリーダー

母の施設(特別養護老人ホーム)は、横に長い建物で、エレベーターは端にあります。兄と二人、一階のホールで待っていると、向こうの方から、ユニットリーダーさんと車椅子で母がやってきました。入り口付近で、アタクシ達の顔を見た母の目が大きく見開きました。そして、soc ...

今日(12日)の午後7時頃、スマホの呼び出し音が鳴りました。バックの中に入れておいたままでしたので、取り出す前に鳴り終わりました。履歴を見ると、母の施設(特別養護老人ホーム)からでした。この時間で、施設からって・・・。まさか、新型コロナ?、いや、ここのところ ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんと話す機会がありました。母のユニットでは、ユニット定員10名のところ、ただいま、7名。新しく入所される方が1名決まったようで、部屋に名札が貼られました。母の元来の性格は、イジメっ子タイプ。それも、相手 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)の定員は100名で、他に同じ建物内に20名のショートステイがあります。特養のユニットは、10名で1ユニット。犬の居るユニットが、2-1と2-2。猫のユニットが2-3と2-4。一般のというか、普通のユニットが3-1、3-2、3-3、3 ...

認知症であっても、最後まで残る性格がありますよ。みっちゃんさんがお元気なのは、その、気の強い性格にあるかもしれませんね。帰り際に、母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんと話をしました。母は施設に入所してから、在宅介護中にあった排泄に関する問 ...

↑このページのトップヘ