鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:介護スタッフ

今朝、スマホが鳴り、見ると母の施設(特別養護老人ホーム)から。今回は、画面からザワザワ感はなく、4連休中なもので、施設にまだ送っていない書類の件かもと思いました。しかし、出てみると、ユニットリーダーさん!あれ、ひょっとしてかも・・・と胸がギュゥとなりました ...

少し、タイムラグがありますが、施設(特別養護老人ホーム)のブログに母が、ガハハ!と笑っている顔の写真が載っていました。両手で花で幸せだな~猫の佑介君のお母さんからも、「お元気だから。」と様子を聞かせて貰ってもいます。母の日常は、新型コロナ肺炎と無縁で、穏 ...

母にはどうも人をみて話や態度を変えている節があります。以前、誤嚥性肺炎で入院したときは、当直の担当が、男性看護師になると、わざとイケズを言う、バカにしたような態度へをしたり、嫌な婆さんでした。ジャニーズ系とは言えませんが、太川陽介な男子でしたね。毎週一度 ...

↑このページのトップヘ