鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:介護老人保健施設

脳神経外科専門医の笠間睦先生のFacebookからです。この先生は、気になる新聞記事から医学書、専門分野の認知症に関する本とかを、詳細にアップして下さいます。その本を読んだつもりにもなるのですが・・・。母を在宅介護から大腿骨骨折して、老健(介護老人保健施設)から ...

年末に兄の長男の子供達三人にお年玉を書留で送ったとブログに載せました。その際、ポチ袋のフタにシールを張りました。一番上の男の子は、高校受験なので、夢が叶うようにと「夢」の字のシール。末っ子で次男坊の子は小学2年生。福があればと「福」の字のシール。二番目で長 ...

今日から連日ではありませんが、以前からやってきたバイトを始めました。と言っても、たった4日間だけですが。母が大腿骨を骨折して、在宅介護では無理と、老健(介護老人保健施設)に入所させてからやってきたことです。そのバイトを初めてやったとき、老健から、母が発熱し ...

大腿骨骨折した母は、術後、すぐにやるべきリハビリが大腸炎を発症し、そのまま車椅子生活に・・・。在宅介護は無理ということで、老健(介護老人保健施設)へ入所させたとき、出来るだけ、面会をしようと決心しました。退院後、そのまま、老健へ。母にしてみれば、環境が変 ...

今日は、姪と会ってランチを一緒にしました。姪に言わせれば、母は母方の祖母とは違って、甘々のバアバではなかったそうです。小学校一年生ぐらいだったと思う。遊びに来た私に向かって、“ま、とりあえず、一服どうぞ”って緑茶と虎屋の羊羹が出たのよね。羊羹は好きだった ...

↑このページのトップヘ