鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:作業療養士

今日は火曜日。母の施設(特別養護老人ホーム)での恒例のボランティアと文福の散歩。そして、面会時間を短くするためでもある、集団リハビリに母を連れて参加しました。母は、これもいつものように運針を。アタシは、そんなこと、しないわよ。と言いつつも。そのとき、作業 ...

週に2日、アタクシの都合とか施設(特別養護老人ホーム)の都合では、週に1日。母を集団リハビリに連れ出しています。以前は、参加者全員で、吊るし雛などを作っていました。身体や認知症の症状によって、作業のレベルがまちまち。中には、母のように、そんなもの、やりたく ...

さて、皆様、宴もたけなわではございますがぁとか、さぁ、帰ろう!!など、午後5時、リハビリの終了時間になると、一階のホールに集まっている入所者さん達に声をかける作業療養士さんのYさん。その場を明るく賑やかにしてくれることは、さすがはプロだと存じます。リハビリ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、週に4日、希望者が集まってリハビリをしています。先日、作業療養士さんの提案で、トイレットペーパーの芯を切っての工作をしました。全く興味を示さない母に、台紙になる画用紙を選ばせ、芯で作った花の真ん中を何で作るか聞いてみまし ...

毎月第一水曜日は、調理リハビリ。午後2時からに間に合うように行くと、母は、スタッフさんに起こされて、少々ご機嫌斜め。何かあるの?調理リハビリと言うと案の定、アタシ、そんなことしたくないわ。このような集団リハビリには、母は一人では参加しないので、アタクシが先 ...

↑このページのトップヘ