鬼娘の桑楡日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及んだ介護も終りました。鬼娘も施設(ケアハウス)に入居。それに伴い、タイトルの「介護日記」を「桑楡日記」に変更し、再スタートしました。桑楡(そうゆ)とは、夕日が樹上にかかっていること、転じて暮れ方、晩年、老年などの意味します。一生の終わりに向かっていく自分自身のことを中心にして、ぼちぼち、やっていきます。(天使の梯子)

タグ:在宅介護

昨日、関西のお友達と久々に電話で話しました。彼女はアタクシの三歳下。いわゆる、高齢者という範疇の年齢になっています。彼女のご両親は、すでに亡くなられており、介護がない状況です。そうなると自分達の老後のことがメインの話題になります。2000万円の預貯金があると ...

あー、貴男はどちら様で?先日、亡くなった83歳の従兄の葬儀の際に、彼の姉にあたるR子さんから言われてしまった兄。アタクシにも同じだったろうな。R子さんは認知症ではないか?とアタクシは1年前に思っていましたから、さっさと自ら名乗って挨拶しておきました。あんずです ...

アタクシの一人暮らし歴は、母が大腿骨を骨折して入院し、その後、老健(介護老人保健施設)と特養(特別養護老人ホーム)へ入所して以来の8年ほどになるでしょうか。一人暮らしを始めてから、テレビを付けたまま寝るのが習慣になってしまいました。最初、テレビは消して、さ ...

最近のことです。母の夢を見ました。宝塚市に住んでいた子供の頃の家が舞台でした。そこで、アタクシは母に怒鳴るというか、大きな声で、母に詰め寄っているんです。なんで、洗濯機を処分したの!!と、母に言っているアタクシ自身の声で目が覚めました。どうにもならない、 ...

亡き母の在宅介護をしている間、次々、起こる出来事に戸惑い、怒り、嘆いてきました。認知症という病気なんだから、仕方ないのだと自分自身に言い聞かせるも、どうにもならない感情が沸いてきましたっけ。二階の和室にある押入れの布団の中に、頭を突っ込み、大声で叫んでみ ...

↑このページのトップヘ