鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:壊れる

昨年の暮れから始まった窓際面会。月に一度、母と直に話をすることはなくとも、母の様子や顔の表情を見て、その時点の状態を想像するほかないのですが。そして、そのとき、スタッフリーダーさんから聞く母の日常で、今の母の判断をしています。アルツハイマー型認知症の母。 ...

母に面会をする度に、2日から3日分の洗濯物(洋服のみですが)は持って帰ります。理由の一つは、もし、洗濯をお願いすると、面会の回数を減らしてしまうのではと思うからなんです。行きたくないと思っても、洗濯物があるから、よっこらせと行くだろうと考えたからです。もう ...

↑このページのトップヘ