鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

タグ:声

何故、突然にその場面がフラッシュバック的に思い出したのか、わからないのですが・・・。今朝、使っている浄水ポットを洗っていたとき、先日の母との面会のことが頭に浮かびました。「また、顔を見にきます。」と書いたスケッチブックを窓に押し当てて見せ、帰ろうとしたと ...

事務のお手伝いをしているヨットクラブ、というと聞こえはいいけれど、CMに出てくるような優雅なクラブではなく、有志で年会費1万円での集まり。昭和50年度から集めていた年会費が、文字通り、チリも積もれば、と1,500万円となり、長年の希望だった小さな集会所というか、シ ...

以前、母は、ときどき、そばに来るスタッフさんに、バシバシ叩く暴力婆さんでした。痛い!と叩かれたスタッフさん全員が言ったそうです。どうも、苛立つとそのはけ口に叩くようで、ユニットリーダーさんの提案でお昼寝をさせてみることに。すると、叩くという行為は収まり、 ...

↑このページのトップヘ