鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。

タグ:忘れる

不要不急の用事がない限り、外出しないつもりですが、急遽、必要なものをがありました。さてと、昨日は日曜日でしたから、スーパーは出来るだけ広くて大きい方がいいし、換気がよいところで。横須賀の軍港が見える場所に、某スーパーのモールがあるので、そこに出掛けました ...

今度の金曜日に母の部下だった方とお会いすることになりました。母は結婚前、幼稚園の教諭をしていました。戦後、どうやって生きていくのかを考えて、保育専門学校へ通い、免状を貰ったようです。今は、男子も保育士や教諭になる時代ですが、あの頃は、男子はおらず、それこ ...

或る日、朝早く上京し、午後からの右肩のリハビリのために早々に横須賀に戻りました。昼間の電車は空いており、居眠りをするには絶好の時間。本を読んでいる間に睡魔が・・・。横須賀中央まで、寝入ってしまい、到着のアナウンスで慌てて下車することになってしまいました。 ...

先日、母との月一の窓越し面会の際、ユニットリーダーさんから言われたこと。この頃、便失禁が多くなりました。しかし、お元気ですから安心して下さい。まだ、ベットの足元に置いてあるポータブルトイレを使っているようです。変形性膝関節炎であるので、立ち上がることは出 ...

おばあちゃまは凄いわ。わからないことをわからないと、はっきりと口に出して言えるもの。母から忘れられた姪は、これまた、あっさり、と言う。忘れる病気なんだから・・・母親である上の義姉が、大腸ガンで入院治療をしていましたから、その代わりに母方の祖母の面倒を看て ...

↑このページのトップヘ