鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:思い出

お彼岸になると、思い出すのは母が作っていた「おぼた」春は牡丹の花から「ぼたもち」といい、秋は萩の花から「おはぎ」となったという説があります。牡丹の花は大きく、豪華なので、どかっと大きいのを「ぼたもち」というのだそうです。まさに、母の作る「おぼた」は、手の ...

36年前の今日、アタクシは母と一緒に軽井沢の鹿島の森ホテルにいました。会社に勤めていたアタクシは、今、思えば、遊び歩いていました。普段の生活の中で、母と一緒に行動することがなく、その代わりというか、夏のお盆休みにどこかへ行っていました。確か、夕食の予約時間 ...

今日は、バイトを休んで週一の鼻の治療と午後は整形外科のリハビリへ。鼻の治療は予定より早く終わり、あらま、相当の空き時間に・・・。後日でもよい平和島での用事を済ませることに。その頃には土砂降りの雨。そこで、鈍行、各駅停車で横須賀まで帰ることを思い付きました ...

ふっと、手元をみると爪が伸びていていました。ました。コロナ禍前は、施設(特別養護老人ホーム)に母の面会に行き、週に一度、母の爪を切っていました。アタクシ自身の爪も、当時は母の爪切りと共にでした。今朝も、爪を切りながら、母の爪切りを思い出しておりました。認 ...

今日は、姪と会ってランチを一緒にしました。姪に言わせれば、母は母方の祖母とは違って、甘々のバアバではなかったそうです。小学校一年生ぐらいだったと思う。遊びに来た私に向かって、“ま、とりあえず、一服どうぞ”って緑茶と虎屋の羊羹が出たのよね。羊羹は好きだった ...

↑このページのトップヘ