鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:捻挫

先週の土曜日、バスを降りて、側溝の金属の蓋の上を歩いて、滑って捻挫。すわっ、骨折かと診て貰うと捻挫と言われてホッとしましたが、立ち上がると痛くて歩けない。部屋の中は、四つん這いになって動き、痛む足首に負担がかからないようにしました。四つん這いという動作、 ...

土曜日の夜に、バス停を降りて、全く下を見ず、側溝の金属の上を歩き、滑って左足首を捻挫しました。少し下りの勾配があったのと、バイトの最終日で気が緩んでいたからだと思います。マンホールの蓋の上を歩いて、おっとっと、と言う状態になったこともあったので、金属版の ...

たった5日間ですが、東京でバイトをしてまいりました。お仕事の内容は、この時間、まだ、締め切りをしておりません。詳細についてのお話は、また、いずれ、したいと存じます。まあ、まず、お若い方より、お年寄りの方々が多く来られてましたから。昨日は、その最終日。これで ...

↑このページのトップヘ