鬼娘の介護日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及ぶ介護も終わりました。認知症を発症していた母。在宅介護中は真っ暗なトンネルのなかに居たような絶望感に襲われていました。介護とは?、終わった今も時々、考えてしまいます。これから、どうするのか。「ほな、ボチボチ行こか」と自分自身に声を掛けつつ・・・ブログも進めていこうかなと。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:施設

毎週水曜日に耳鼻科で治療を受けています。アタクシより、少し若い女医さん。先生のお母様も施設に入所されていて、主に妹さんが面倒を看ているという話は聞いていました。開口一番、あんずさん、見ましたよ。息子と一緒に見ていて、「あー、いつも来ている患者さんだわ!」 ...

母の施設利用料の請求書、領収書、入院した際の領収書、等々、大腿骨骨折をして以来の書類を残してありました。今日は、横須賀市の家庭ごみの燃えるゴミ収集の日でした。本来、このようなコピー用紙は雑紙(チラシ、パンフレット、ポスター、包装紙、手紙、封筒など)の部類 ...

4月中旬頃から、母の体調が悪いと言われてネット内介護に関するサイトや記事を読むこともないままでした。この頃、少しずつ、また、目を通すようになりました。介護は終わったと言えるのですが、アタクシの中では、それじゃあ、切り離してとまではいっていません。よく見てい ...

今朝、甥のお嫁さんからお花が贈られてきました。三人の子供がいる甥家族。大型連休の人出はかなりあったようですが、まだ、油断ならない状況だったので、子供達のいる彼らには、参列しなくてもいいからと伝えていました。夏休みになれば、気候もいいし、外での行動になるの ...

6日の今日は、大型連休のうちの平日。亡き母の施設(特別養護老人ホーム)は、日祭日の事務室は、暦通りなので、最終の退去は今日になりました。平成28年(2016年)11月から、5月2日の日まで、6年半と2日間、施設にお世話になりました。母の衣類については、亡くなった日に全 ...

↑このページのトップヘ