鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:施設

4月中旬頃から、母の体調が悪いと言われてネット内介護に関するサイトや記事を読むこともないままでした。この頃、少しずつ、また、目を通すようになりました。介護は終わったと言えるのですが、アタクシの中では、それじゃあ、切り離してとまではいっていません。よく見てい ...

今朝、甥のお嫁さんからお花が贈られてきました。三人の子供がいる甥家族。大型連休の人出はかなりあったようですが、まだ、油断ならない状況だったので、子供達のいる彼らには、参列しなくてもいいからと伝えていました。夏休みになれば、気候もいいし、外での行動になるの ...

6日の今日は、大型連休のうちの平日。亡き母の施設(特別養護老人ホーム)は、日祭日の事務室は、暦通りなので、最終の退去は今日になりました。平成28年(2016年)11月から、5月2日の日まで、6年半と2日間、施設にお世話になりました。母の衣類については、亡くなった日に全 ...

母は、そうだった、亡き母は、犬達がいる施設(特別養護老人ホーム)に入所していました。独り暮らしの方が犬を飼っていて、手離さないとならなくなり、一緒に入所してきた犬もいれば施設が飼っている保護犬もいる。その保護犬の中でも、文福、彼は間もなく死に向う人のこと ...

午後6時で仕事を終えて帰るスタッフさんが、母に声を掛けました。みっちゃんさん、私はこれで帰りますが、また、明日ね。母は、もう、口を半開き、半目で意識朦朧で、浅い息で寝ていました。スタッフさんに声を掛けられて、目を少し開くものの、また半目になりました。今日は ...

↑このページのトップヘ