鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、96歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:死にたい

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性が、SNSで安楽死を訴え、それに応えた医師二人が処置をしたというショッキングな事件が起きました。「体は目だけしか動かず、話すことも食べることもできず呼吸苦と戦い、寝たきりで窒息する日を待つだけの病人」とご本人はツイッター ...

施設(特別養護老人ホーム)の個室内で、夜間転倒して、右膝を強打してから10日間。転倒直後は右膝頭に手をかざすだけで、悲鳴をあげていた母。骨折は免れたものの、太腿に大きな打ち身のアザ、勿論、膝頭も青アザ、膝の後ろに大きなアザ。どんな転倒の仕方やったんや?と、 ...

鬼娘のアタクシは母の認知症が進んで欲しいとこの頃、思うようになりました。このところの母は、自身が言う通りの頓珍漢、つまり、話が理解出来ないことが多くなってきました。母は、話が理解出来ないとなると、いきなり、ところで、家は変わりないの?と、遮るのです。変わ ...

アタシってトンチンカンだから。この頃、母はよく申します。それに関しては、アタクシは否定しません。特養(特別養護老人ホーム)のスタッフさんは、「そんなこと、ありませんよ。普通ですよ。」と言って下さる・・・。たまたま、見ていた昨日(8月20日)フジテレビ「Mr.サンデ ...

死にたいけれど、死ねないのよぉ。また、始まった、死にたい発言。ことの発端は、いつもの心臓が苦しいという毎朝の一言に、アタクシが、ほんまの心臓病やったら、20年前に死んでるから。老化やから、身体のあっちこっちが、調子悪くて、当たりまえや!!どうも、この労りな ...

↑このページのトップヘ