鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳だった母。2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で死去。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より6年半の施設生活。入所させたという後ろめたさから頻繁に面会していたのが、コロナ禍でどうにもならない状況に。介護から解放?、まだ、そんな気分にもなれず。これから先のことも考え・・・。どこかで、介護終了と宣言したいと思っている鬼娘です。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:毒蝮三太夫

「認知症で別人になってしまった母が嫌い」と嘆く女性に毒蝮三太夫が説く気持ちの切り替え方「親の老い」は、子どもにとって深刻で切ない問題だ。頼もしい存在だっただけに、今の姿をすんなり受け入れられないこともある。認知症が進んで“別人”になった母親を「嫌い」と思 ...

お年寄りに対して、三つの「かける」が大切と、「おばあちゃんのアイドル」である毒蝮三太夫氏は著書のなかで書かれています。・笑顔で話しかける・肩に手をかける・気にかける 毒蝮氏は自身のラジオ番組で、高齢者に対し“ババア、元気だったか?”とか、“ジジイなんだ、ま ...

↑このページのトップヘ