鬼娘の桑楡日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及んだ介護も終りました。鬼娘も施設(ケアハウス)に入居。それに伴い、タイトルの「介護日記」を「桑楡日記」に変更し、再スタートしました。桑楡(そうゆ)とは、夕日が樹上にかかっていること、転じて暮れ方、晩年、老年などの意味します。一生の終わりに向かっていく自分自身のことを中心にして、ぼちぼち、やっていきます。(天使の梯子)

タグ:自立

28人(29人-アタクシ)の中にはお節介焼きが数人おられるます。お節介焼きについて、2つエピソードがあります。2つとも、食事に関することです。食事は、ご飯とお味噌汁を除いて、一階の厨房から配膳車で直通のエレベーターであがってきます。自分の名札が置かれたトレー ...

或る日、外出しようと一階のエントランスに降りたとき、喪服を来た男性の集団がいました。施設を訪ねてくる人にしては、全員が黒い背広はちょっと変だわと思っていたら、エントランス付近にある御堂の入り口が開いていました。ああ、そうだわ、三階の特養(特別養護老人ホー ...

スタートは、横須賀市から転出したときからのこと。何の知識も考えもなく、単にこのケアハウスの住所を書いて窓口に提出。そのとき、横須賀市役所の転出係から、「住所地特例」が適用される施設への転入になるから、社会保険関係は、横須賀市のままだと言われました。いやい ...

さて、ケアハウスでの日常生活のお話に入る前に、ケアハウスとは何ぞや?と思われるでしょう。申込みをしたアタクシ自身、当時、相談員さんから「うちの四階にケアハウスがあるんですよ。」と言われたとき、何だろうと思いました。ケアハウスとは、自宅での生活が困難な60歳 ...

前回の家庭料理研究家の土井善晴氏の「食を考える」からの続きです。一汁三菜はぜいたくですもともと日本の家庭はほとんどが農家で、一汁一菜が生活のベースでした。仕事が忙しいですし、経済的、時間的な余裕もありません。昔は水をくんだり、まきを用意したりもしないとい ...

↑このページのトップヘ