鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:認知機能

先日、肩のリハビリが終了し、治療ベットの脇に置いたバックをそのままにして帰ろうとしてしまいました。それも、初めてではなく、3回目でしょうか。そんなとき、ひょっとして認知症のはじまりか?と思ってしまうんです。ついつい、目についてしまうタイトルが「認知機能の低 ...

この頃の母がよく言うことは、アタシは何をしたらいいか、わからないし、考えられない。考えなくてもええねん。何もしなくてもね。すると、じゃあ、ここで寝ているだけでいいのね。そうや、横になっていれば、スタッフさんが教えてくれるから、言う通りに動けばええの。わか ...

↑このページのトップヘ