鬼娘の桑楡日記

2022年5月2日横須賀にある犬達がいる特養で母は死去。約17年に及んだ介護も終りました。鬼娘も施設(ケアハウス)に入居。それに伴い、タイトルの「介護日記」を「桑楡日記」に変更し、再スタートしました。桑楡(そうゆ)とは、夕日が樹上にかかっていること、転じて暮れ方、晩年、老年などの意味します。一生の終わりに向かっていく自分自身のことを中心にして、ぼちぼち、やっていきます。(天使の梯子)

タグ:認知症

アタクシのご近所さんが、認知症のため頻繁にお隣を訪問、というか、ドアをコンコンするということが発生しました。お隣というのは、昭和10年生まれのKさん。あたしのところばかり、何かというとやってくるのよねえ。Kさんは少々ノイローゼ気味。何か、とは、ドアが開いて ...

ケアハウスに在25年になるYOKOさん。いわゆる設立当初からの方。膝が悪くて歩行器がないと歩けない方。その方が、お夕飯の配膳を待っている間、誰に言うでもなく、口にしたのが、あたし、頭がオカシイのよ。きのう、11時と聞いていたから、出掛けるつもりだったのに、全く、 ...

ある日曜日のこと、通っているカトリック教会の御ミサのお説教の冒頭に、主任司祭様が告げました。助任司祭が「最近、物忘れが酷くなった」とのことで物忘れ外来で診察を受け、通院することになったということでした。確かに、司式の順番が違って、あれ?ということがありま ...

先日、鳥取から出張で東京に来た某団体の局長さんとお食事をする機会がありました。なんと、昭和30年生まれ、さいざんす、アタクシと同学年の女性です。きっぷの良い、なるほど、局長となるだけに女親分。同じ年だけに、やはり、話題の大半が介護について。彼女も、仕事をし ...

世界が認めた認知症リスクの「9+3」97歳女性が毎日の生活で教えてくれること認知症の有病率は90歳を過ぎると60%を超え、さらに95歳を過ぎると80%に達します。この病気は長寿社会とコインの表裏、いわば宿命的でもあるのですが、90歳を過ぎても、認知症にならない人は40% ...

↑このページのトップヘ