鬼娘の介護日記

認知症で要介護度3、97歳の母。10年近くの在宅介護から、大腿骨骨折で車椅子生活となり、2016年11月より、横須賀にある5匹の犬達のいる特養で元気に暮らしています。面会を頻繁にして、施設入所を誤魔化そうとした鬼娘、東京の家を処分して、衣笠山が見えるアパートに移り住みました。ところが、コロナ禍で月に一度の窓越し面会に。思わぬ展開にオロオロ。現在は、介護というより、老女のひとりごつ日記となっています。(写真はベランダからの衣笠山です)

タグ:認知症初期

認知症を発症した母が、まだ一人でお留守番が出来た頃、チョー短期間でしたが、バイト的なお仕事をしたときがありました。そのときに知り合った職場のお仲間がいます。アタクシを入れて4人のオバチャン達。一人は現在、抗がん剤治療中なので、会うことは全く無理。LINEや電話 ...

土曜日の今日は、午前中に母の施設(特別養護老人ホーム)へ。今週末まで、CS放送で海外ドラマの一挙放送が午後12時からあるもので。と、言ったものの、6話のうち、2話は昼寝をして、見なかったのですが。さて、今日は母の爪切りをしました。2週間に一度、手と足。母が爪を切 ...

昨日は、一週間ぶりに母の爪切りをしました。あまり伸びていない足の爪も切りました。痛いっ!!あっ、ごめん。大丈夫よ。今は、こうやって穏やかな会話をしております。が、思い出すのは、認知症初期の頃の母のこと。あの頃、母の爪切りはアタクシには恐怖、そのものでした ...

↑このページのトップヘ